間接照明って何?

このサイトのコンセプトでもある間接照明。間接照明という言葉はあちこちで聞く機会が多いかと思うのですが、さて実際にどのようなものであるかご存知でしょうか? ここでは間接照明というものはどのようなものか、どのような目的でおこなうのかなど、間接照明についてあれこれと語ってみたいと思います。

間接照明ってなんだろう

直接照明は光が直接あたりを照らすものであるということは先ほどお話しました。間接照明はその反対に光が「何か」(壁や天井など)にあたり、その反射光を利用して周囲を照らすものと言うことになります。つまり間接照明とは反射照明なのだと言えますね。反射することによって光は柔らかくなり、ムード照明など雰囲気作りに役立つ光になります。しかし直接照明よりも暗くなるので住まいの生活光としてはやや使いにくくなります。

間接照明の特徴と使用目的

間接照明の特徴としては天井などに設置する直接照明と違って、反射を利用するために穏やかな光になりやすく、陰影が浮き出しやすくなるという点が最大の特徴でしょうか。そのため気分を落ち着かせたり、逆に気分を盛り上げたりすることが出来るのです。直接照明が生活のための照明であるとするならば間接照明は遊びのため、余裕のための照明であるといえるでしょう。間接照明の使用目的は住まいの“遊び”であり“余裕”なのです。自分の思うように設置し、楽しんでみましょう。

間接照明のメリット

  • 気分をコントロールするのに最適であり、肉体的・精神的な癒しを味わうことが出来る。
  • 種類が豊富で、気分に合った間接照明を選択することが簡単である。
  • 直接照明は基本的に天井据え付けであることが多いが、間接照明は移動・設置が比較的簡単である。

間接照明のデメリット

  • 生活光としては利用しにくい。
  • どうしても直接照明または補助照明のサポートを必要とする。

間接照明に向いた器具

キャンドル間接照明はほかの照明に比べて格段に多種類の照明器具があります。これは間接照明が実用ではなく、余裕の照明であるからです。ここで紹介するもの(詳しくは別ページで紹介します)だけでもキャンドル・電球・ミラーボール・LED(発光ダイオード)などがあります。

それぞれ特徴がありますが間接照明は人間が生活するうえでは不必要なものですから、どれでも自由なもの、自分の望む照明手段を選択するのがよいと思います。しかし、間接照明は人間が「豊かな生活」をしたい、と思ったときには、きっと役に立ってくれるという不思議な照明なのです。では、簡単に紹介だけしておきましょう。

キャンドル

日本語で言うとロウソクなのですが、どうもお盆の日にちろちろ燃やすイメージが強いのでここではキャンドルというイメージ戦略を使用してみましょう。ほかの照明とは違い火の明かりをそのまま使用するので幻想的なイメージを作りやすくなります。

電球

今回は蛍光灯などもここに入れておきます。光量を自在に絞れたりするものがあるなど、間接照明としても大変使いやすいものですね。

ミラーボール

まあ、どうもハデハデな印象の強いミラーボールなのですが、それも使い方次第。壁や床に反射する光を楽しむという意味ではこれも立派な間接照明器具といえるでしょう。

LED(発光ダイオード)

現在照明の主流である蛍光灯に取って代わるのではないか? と期待されているのがこのLEDです。低電力、省エネで発光できたり、通電と同時に最大輝度で点灯できるなどさまざまなメリットがあります。こまかい細工も聞きやすいので間接照明にも大変使いやすい素材といえるでしょう。

照明のお話「周波数のふしぎ」

日本コンセントから流れてくる電流は交流といい、波があるのが特徴です。その波を(商用電波)周波数というのですが、これは日本では不思議なことに西日本と東日本では異なっています。こうなると同じ電気器具が地域によって不具合が出ることもあり、一つの国で違う周波数をわざわざ採用しているのは日本くらいのもので(一部の国家では採用されているとも言われていますが先進国ではまずありません)これは電気網整備されていた当時、東京と大阪の電力会社がそれぞれ違う規格でもって発電を行っていたまま、現在でもそれが続いているからです。

なにやらビデオのVHSとベータ方式のような感じですが。ただこちらは普及率が同じくらいでどちらが優勢ということが無いのでいまだにそのまま2つの規格がまかり通っているわけです。ただこの意地の張り合い?のおかげで日本の電気技術は進歩したといわれているくらいですから、よかったのかも知れませんね。


ページの先頭にもどる