間接照明と睡眠

間接照明で気分が落ち着いたらそのままウトウト・・・幸せな瞬間ですね。照明を付けっぱなしになっちゃうのでちょっと省エネとかの観点からいくと「けしからん」話なのですが、頑張ってお仕事してきた自分へのご褒美にこの程度の贅沢、許してもらっちゃいましょうか。ここでは睡眠と間接照明についてお話してみます。

明るいところで眠れない

人間は明るいところで活動して、周りが暗くなったら休む・・というのが大昔から続いてきたパターンです。それは身体の奥底に染み付いてきたものですから、いまさら簡単に変わることではありません。しかし、逆に「暗いところでは怖い、恐ろしい」というのも人間の本能なわけです。つまり明るいと身体が休めず、真っ暗だと精神が休めないのですね。これはもはや人間が動物として生きている以上さだめというか、逃れられないプログラムということになると思います。

そこで間接照明

寝る時にはスタンドの明かりをつけていないとよく眠れないといった人が多く、私の周りにもそういった人が結構います。そのために枕元やベッドには小さな明かりが用意されていたり、蛍光灯にも小さな豆球という明かりが用意されていたりするわけです。どうせこういった人たちは夜中も電球をつけっぱなしで寝ているわけですから、一歩進んでその電球を間接照明に置き換えてみたら、ますます充実した睡眠ライフが送れるのではないか?というのがこのページの目的なのです。

睡眠導入に間接照明を使う

人間は暗いとこ嫌い、暗いとこ怖いという本能がありますから、枕元や足元に柔らかな光があることによって随分と精神的に落ち着くことが出来ます。ここでのポイントは明るすぎないこと。明るいと身体が眠れません。結果精神的に楽になっても身体の疲れが取りにくくなってしまいます。間接照明を睡眠導入のために使うためにはまず光量を調節することが大事なのですね。

どんな場所に間接照明を設置する?

これは明かりそのものがあまり眼に触れないような場所、足元やベッドの下などがオススメです。「見えなきゃ意味無いだろう?」と思いがちですが実際は「見えなくても足元は明るいんだ」といった精神的な落ち着きの方が重要なので、これで充分です。

どんな照明器具がいい?

贅沢を言えば調光装置がついていて、明るさを自在に変えられるものがオススメです。どんな人でも気分が落ち着いている日とそうでない日があって当たり前なのでその日の気分次第によって調光できると、ぐっと「睡眠のための間接照明」の効果が上がります。照明は白熱灯などの白くない「暖色系」の色が精神を落ち着けるのによいでしょう。

キャンドルやミラーボールによる間接照明

こういう光が動く間接照明は気分が落ち着かないと思うかも知れませんが、実際はこういう動きのある間接照明があると寝つきがよくなることが多いのです。理由も簡単で、暗闇の中で動く光があるというのはものすごく気になるから、どうしてもそれに意識が集中していきます。つまり他の雑事の事を忘れてしまうのですね。そのうちに光そのものに慣れてしまい、無意識に睡眠誘導されていくのです。

睡眠と間接照明の注意点

まずキャンドルを利用する場合は火なので充分な注意が必要です。火事になってはどうしようもないので周りに可燃物を置かないといった基本的な原則を守りましょう。また、ミラーボールのような動く光は睡眠導入には効果的ですが、寝入った後いつまでもチラチラしていると睡眠が浅くなってしまうので、出来ればタイマーを導入すると良いでしょう。

そのほかLED、蛍光灯、電球を使った間接照明でも「寝ている間は無防備」であることを充分に理解して、火事を起こさないように気をつけることが必要になります。タイマーや枕元にスイッチを用意するのがいいですね。間違えて火事でも起こして住まいがなくなっては間接照明どころではありませんから。他のページでも書きましたが、ホコリが溜まっていたりするのは結構危険ですよ。

照明のお話「照明ダイエット?」

ものすごく簡単な原理ですし、これだけでダイエットが成功するわけではもちろんありませんが、他のダイエットと併用すると効果的な照明ダイエットというのを紹介してみましょう。

人間が食欲を感じる色、おいしそうに見える色は赤を筆頭とする暖色系。スーパーのお肉売り場に赤味がかった色が付けられているのはそういうわけです。逆に青を始めとする寒色系は食欲を減退させます。“青いお肉”がどれほどまずそうか、想像していただければ一発でお分かりかと思います。ちょっとイヤな話をすれば獲物を捕らえたあと、獲物の肉はピンク>赤>濃厚な赤>のあと次第に寒色系、つまり腐っていく色に変わっていくのですね。ですから青い食べ物を嫌うのは人間の本能なのです。

さて、それを逆手にとって食卓の照明を青系にしてみましょう。おいしそうなステーキでもおもわず食欲減退。確実に食欲は抑えられます。こういった色と食欲の研究は各地で進められていますが、青は食欲減退の色であるところは共通しています。この照明ダイエット、他のダイエットを併用することを条件に結構な効果が報告されています。

まあ、外食のときにその分食べちゃったら意味無いんですけどね?


ページの先頭にもどる