LEDで間接照明!

LEDとは、発光ダイオードと呼ばれるものです。実は結構昔からなじみのある物質ですね。それが最近になって格段の進歩を遂げ、蛍光灯を追い落とすのではないかと呼ばれるほどの進化・普及を遂げています。メリットも数多く、間接照明に使うには最適といってもいいかもしれません。それではLEDについて紹介してみましょう。

LEDってなんだろう

様々なLEDLED。これは発光ダイオードと呼ばれるもので、小型のものも大型のものも作り出せる利便性に加え、発色をコントロールすることが出来るなど大変な利点の多い素材です。比較的低い電力で発光させることができる上に、スイッチを入れた瞬間から最高の明るさで点灯するスピード性、熱をあまり発生させないなど数多くのメリットがある上に、ユニットと呼ばれる部品単位でも購入できるので住まいの間接照明を自作したいと思ったときなどには大変便利な照明器具といえるでしょう。

LEDの種類

LEDは大雑把に照明器具としての使い方と、電飾や文字を表示する場合のものとに使い道が分かれます。こちらで取り上げるのはもちろん照明器具としてのLEDですから、その種類について紹介してみましょう。

高輝度LED

LEDを用いた照明器具はいくつかあります。特に照明を目的としたLEDは高輝度LEDと呼ばれています。まるで蛍光灯のような形や小分けにしたようなものまでさまざまな形があります。こうした形の自在さにおいてLEDはほかの照明器具の追随を許さない、といってもいいかもしれませんね。色も白色のほか多色用意されています。

高輝度LEDユニット

これは上のものと同じですが、スティック状になっていたり、ユニットの名のとおり四角く分割されたりした形状のものです。このまま使用するというよりはこれを利用して照明器具を自作するといった使い方が多くなると思います。間接照明を自作したいと思っている人はチェックしてみると良いでしょう。

電球式LED

これは従来の電球ソケットにそのまま使えてしまうというものです。白熱電球同様スイッチを入れてからの反応のよさ、省エネ性に加えて熱を発生させずに長持ちしてしまうというメリットがあります。間接照明に使うときはスポットライト的な使い方が良いと思います。

LEDを利用した照明

とにかく利用幅が広いのがLEDのいいところ。もちろんLEDを利用した照明も多種多様に登ります。その中から住まいのインテリアとしても使いやすそうな物をチョイスしてみました。

スポットライトタイプ

LEDを利用したスポットライトタイプの照明です。かなり指向性の高い(一方向だけを重点的に照らせる)物が多いので、間接照明に大変使いやすい一品です。

直管タイプ

蛍光灯状の形をした基本的なLED照明です。蛍光灯と大きく違うのは発色の多用さと器具の大きさ。蛍光灯のように決まった大きさがあるわけではなく、スティック状の小さなものから大きなものまで多用な品揃えが用意されています。

LEDと間接照明

LED照明は長持ちなのですが、使い道を誤ったり負荷電圧をかけたりといったことがあると壊れやすい特徴があります。正しく、大事に使ってあげると長持ちするということですね。ですからLEDによる照明を自作する場合には配線などには充分気をつけましょう。

オススメの間接照明の使い方としてはホームシアターの画像周りを柔らかく照らすとか、パソコンの手元を照らすときに間接照明で照らすといった使い道があります。

照明のお話「青色LED?」

ちょっと前の話になりますが、特許権(使用料)をめぐって裁判沙汰にもなった青色LED。赤色は昔からあったのですが青色はなかなか作れなかったのでした。あの当時「たかが青色のLEDのどこがそんなに重要なんだ?」とか思いませんでしたか?

実は青色LEDと、その技術を基にした緑色LEDが開発されて「光の3原色」が出来上がったのです。つまりこれらを組み合わせれば理論上どんな色でも表現できるようになるわけです。今までは赤色LEDだけであればせいぜいスイッチの確認ランプとかその程度にしか使用できなかったLEDが、モニター画面のような多用な光表現が必要な機械にも流用できるようになったのです。そのためにもともと発光ダイオードが持っていたメリットと組み合わせて爆発的な用途が生まれることになったわけです。

ちなみに青色LEDはその他医療現場でレーザー機器に使用されるなど単体でもさまざまな方面に利用がされているのです。


ページの先頭にもどる