ミラーボールで間接照明!

ええと、古い話ですがディスコの天井に必ずといっていいほどぶら下がっていたやつ、あれがミラーボールです。ある意味果てしなく間接照明に遠いような気がしますが、使い方次第では間接照明に流用できます。今では家庭用の小さなものもあるので購入を考えてみてはいかがでしょうか?

ミラーボールってなんだろう?

ミラーボールいや、これが説明しづらいんですけど・・・ディスコだのちょっとシックなバーだので天井にぶら下がっているきらきらしたボールですね。なんと説明したらいいのかちょっとボキャブラリーの貧困な私では説明しきらないです。ごめんなさい。いまは意外とお安く購入できてしまうので、ムーディーな雰囲気を楽しんでいただきたいものです。


ミラーボールの種類

ミラーボールそのものはあまり種類が無いのです。せいぜい大きさ程度でしょう。でも、取り付け器具などに種類があるのでそちらを紹介してみましょう。

ミラーボール本体

小さいものだと意外とお安くて3000円とかで売ってました。それで大きさは20cmほど。まあ一人住まい、もしくは自室を照らすだけですからこのサイズで充分ではないかと。ものたりないんじゃ!という人にはまだ大きいのもありますからご安心。値段は10cm大きくなるごとに3,4千円増しという感じです。

回転軸

ミラーボールはくるくる回ってナンボですから天井に設置したときに回転軸を使わないとくるくるしてくれません。回転速度は1分に付き1〜3回というのが基本ですが、今回は1回転のゆっくりしたヤツを利用しましょう。あんまり早いとリラックスどころか踊りたくなりかねませんしね。2000円前後で購入できます。

センターピース

これはちょっとミラーボールと趣が違うのですが、ネットショッピングでも同じページに放り込まれていたので紹介しておきます。これは天井ではなく下に設置するタイプのミラーボールです。実は間接照明にはこのセンターピース式のミラーボールが一番オススメです。詳しくは後述、ということで。

ミラーボールを利用した照明

とはいっても、ミラーボールの場合はこれ単独で照明であり、照明というより純粋に光の動きを楽しむものなので利用した照明というのはありません。強いていえばセンターピースがそれに入るでしょうか?替わりにミラーボールを設置する(間接照明に利用する)方法について紹介してみましょう。

ミラーボールを間接照明に利用する

一番簡単なのはセンターピースをテーブルの下などに設置する方法でしょうか。回転速度は遅いほうをオススメ。ミラーボールは基本的に360度全方向に光を発射するのですが、そこをテーブルの天板に反射させて足元を照らす間接照明に流用するわけです。

普通のミラーボールであれば天井に設置しつつ真下に光が来ないように反射させてやるといい感じです。光をさえぎるのはアルミホイルかカップをくっつけてやるだけでOK。見栄えはいまいちですが、暗くするのでまあよし程度の感覚でいきましょう。なお、高さは出来るだけ高い位置にセットするのがポイントです。

ミラーボールと間接照明

ミラーボールは光が流れる様子を楽しみたいので、普通の直接照明と併用すると情けない感じに仕上がります。逆にほかの間接照明と併用するとかなりいい感じに仕上がります。たとえば足元をぼんやりと照らす方式の間接照明と併用するとミラーボールの光が出現したり消えたりして幻想的になります。ほかの間接照明と違って「動く間接照明」なのがミラーボールによる間接照明なので最大限利用してみましょう。

照明のお話「動く光」

このサイトでは再三「間接照明を使ってリラックスした空間作りをしよう!」といっているのにミラーボールみたいなにぎやかな照明でどこがくつろげるんだ!という風に思いませんか?

でも考えてみれば落ち着いたバーなんかでもミラーボール使ってることありますよね。あれは光が動くスピード(ミラーボールの回転数)や光量を抑えているからなのです。無秩序に光が動き回るとにぎやかで落ち着けないのですが、ゆっくりと規則正しく動く光に関して人間は“落ち着く”のです。

光量を落としてゆっくりした回転を選択し、まともにミラーボール(光源)が眼に入らないように工夫する。落ち着いたお店ではやけに高い位置にミラーボールをおいていますね。あれも直接光源が眼に入らないようにするための間接照明としての工夫なのです。


ページの先頭にもどる