間接照明を設置する場所について

間接照明を設置する場所・・・これが一番頭を悩ませるところですね。反射光を利用するのか透過光を利用するのか、はたまた光源そのものを視界から隠してしまうのか・・・などなどおもわず考え込んでしまうかもしれません。そこでこのページでは間接照明の設置ポイントについてお話してみましょう。

まずはどの方法で間接照明をするのか

間接照明には冒頭で挙げたような手段があります。それぞれについてインテリアなどとの兼ね合いを考えつつ設置場所を考えてみましょう。

透過光を利用した間接照明の場合

行灯スタンド式の照明によく使われるもので、照明の周りを光を通す素材で包んだもの。柔らかい透過光による間接照明が楽しめます。

この場合設置ポイントは自分が落ち着くポイント、たとえばソファの上であったり床に座ったりベッドに転がったり・・、とにかくあなたがその住まい(または部屋)で一番くつろぐ状態のときに自分の目線よりも下側に置くと良いでしょう。あまり直接視界に入るような場所ではなく、やや物陰に位置するような場所がベストです。キャンドル系は逆に炎のゆらめきを楽しみたいのでテーブルの上にどんっと置いてしまってもいいかもしれませんね。

反射光を利用した間接照明の場合

こちらは天井全体や壁全体など広範囲を反射させて広い範囲からの反射光を利用した場合の間接照明です。これは上手に反射させるとある程度の光量が確保でき、その上光が柔らかくなるので間接照明でありながら全体照明としても使えるありがたい照明です。これは音楽や映像を楽しむようなホームシアター的なお部屋の高い位置に設置してやるか、リビングなどに直接蛍光灯の替わりに設置するのがオススメです。大事なのは上から物が落ちてくるような場所は絶対に避けること。結構やりがちです。

透過光を利用した間接照明の場合

奥行きのある空間を利用これは視界に光源がまったく入らないイスやテーブル、ベッドの下に小さな照明(LED照明や商品名出して申し訳ないですがSUKIMAという小型蛍光灯)などを設置して足元や一部を重点的に照らす方式の間接照明です。これこそザ・間接照明という気もしますが。とりあえずこういった隙間から照明を当てる方式の間接照明は気分を落ち着けるのに最適です。

もう一つ、照明器具は見えているものの中の電球が見えないスポットライト式の間接照明はたとえば大型のテレビの両脇に設置して、(テレビ画面には光が当たらないように調節して)置くというがオススメ。光量をある程度確保しながらも、テレビ画面に影響を与えないので大変に雰囲気が出ます。映画鑑賞のときなんかにぜひ試してみてくださいね。

間接照明を設置する時の注意点

これは結構あります。まず間接照明で雰囲気を盛り上げようとすれば、部屋のメイン照明を落とすことが多いでしょうから、暗くなるのは避けられません。ですから自分が通るような場所はぜひとも避けてください。特に床置きタイプは要注意。ベッドやイスの下に間接照明を仕込むときには自分が座り込んでも下の間接照明に当たらないか充分チェックしましょう。

また燃えやすいものの下に仕込むので、こうした場所に置く間接照明は熱の発生が少ないLEDを使用するか、ある程度の空間を確保して設置しましょう。キャンドル系はとりあえず火を使うわけですから周囲に可燃物が無い状態で使用します。出来ればキャンドル照明は自分の視界に入る場所に置くのが安全です。

あと、意外と忘れがちなのが配線。これにつまずいて転んだ日には精神・肉体・財布(多分照明壊れますから)のトリプルパンチが用意されています。配線には余裕を持ってつまずきそうなところには置かないようにしましょう。

照明のお話「ゼイタクについて」

間接照明はメインの電源を落として使うものですから、かえって省エネにつながるかもしれません。ただ、間接照明は一個だけで使用するよりは複数の間接照明や補助照明と併用するのが普通なのでそれらを総合するとたいして変わらないのが普通です。余計な費用をかけて間接照明を設置して、普通の照明と変わらないだけ電気代をかけて薄暗い部屋でゆっくりくつろぐ・・・ものすごいムダ、ものすごいゼイタクですね。

こんなゼイタクが楽しめる、それが間接照明のメリットなのです。あとはお気に入りのCDでもかけながらくつろぎ、やすらかになったらベッドでごろ寝を楽しむのもよいでしょう。きっといいα派が出ると思いますよ。あ、キャンドル系だけは火の始末忘れないようにしてくださいね。


ページの先頭にもどる